忍者ブログ
もの書き 一之瀬六樹のブログです。
プロフィール
管理者:一之瀬六樹
著書
◆GA文庫
男子高校生のハレルヤ!
男子高校生のハレルヤ!2
男子高校生のハレルヤ!3
男子高校生のハレルヤ!4
◆KAエスマ文庫
お屋敷とコッペリア
たまこまーけっと
ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祝! 「たまこラブストーリー」上映開始!!

こんにちは! ・・・・・・し、しまったぁ~~~っ! 
月に1回はブログを更新するという自分にかなり甘い縛りを設けていたにもかかわらず、それすら守れなかったぁぁぁぁぁ!!! と思っている一之瀬です。
言い訳を書いてしまいますと、4月は東京に行って色々やっておりまして、あんまりまとまった時間が取れませんでした。(ごめんなさい)

というわけで! 今回は4月26日に上映開始となった『たまこラブストーリー』のお話です。みなさんはもうご覧になりましたか? 
エッヘン、私は上映開始当日に東京で拝見しました。
「なぜわざわざ東京で……」というツッコミですが、実は仕方がなかったんですのよ。
事前に京アニさんから映画のチケットを頂いていたのですが、私の地元広島ではなぜか一か月遅れの公開になっておりまして、県外に出なければ見ることができなくて。もう辛抱たまりません。
もちろん、広島には一か月遅くまで公開されるかも? という利点はあるんですが
  
7月に発売予定となっております『たまこラブストーリー ノベライズ』
 

担当させて頂いているからには、すぐに見ないわけにはいかんでしょう!

映画の感想といたしましては、見ればわかる!
むしろ、言葉じゃこの良さはわかんないよっ!! 
というくらいです。
あんこちゃん大人っぽく可愛いし、たまこがとんでもなく可愛いし、みどりちゃんもかんなちゃんも史織ちゃんも可愛いし、ついでにもち蔵と豆大も可愛い(錯乱)。
それでそれで、すべてのカットとキャラクターに味わいと意味があるのですよね。
 
小説とアニメはストーリーライン以外の様々なものが違いますので、演出のやり方や、表現上の大事にしているこだわりのようなものが違ってきます。
たとえば、アニメではノベライズのようにたまこやみどりちゃんなどキャラクターの内心を、直接ことばで描き続けることは難しいと思います。
ですが一方で、アニメにはアニメが得意とする表現がありまして、たとえばそれは表情だったり、間の取り方であったり、カメラワークや暗喩であったりします。
私は映像表現に関しては素人ではありますが、2回目の上映では、小説でこういう表現を使えたら素敵だな~、とか、小説に置き換えて考えると、どういうふうに書けば同じ効果が出るだろう~? ですとか、技術的なことにも「ふんふんすごい勉強になるなぁ」と憧れながら見させていただいてました。

でもやっぱり、初回は何も考えずに素直にご覧いただいて、たまこともち蔵に思いっきり悶えてほしいですね! まだ見てない人はぜひぜひに! 
 
 

拍手[0回]

PR

日記のような近況報告のようなもの

こんにちはー。一之瀬です。
ブログを書いております現在、のうりんがアニメ放送していたり聖剣使いの禁呪詠唱がアニメ化発表されていたりとGA文庫アニメが大盛り上がりですね。文庫のほうでは来月3月に一之瀬と受賞同期の長物守先生が、新作『忘却剣士の聖刃詩篇《エクセリオ》』を発売されるとのこと。楽しみですねん!

さて男ハレ4巻のあとがきで、「冬に新作を出すぜ~」と宣言してしまった一之瀬の新作は・・・ごめんなさいまだ当分でません!>六< でも頑張って書いてますので、いつの間にか発売されてたら買ってやってくださいまし。
それから、去年ノベライズを担当させていただいたアニメ『たまこまーけっと』が劇場版アニメになるとのことです。4月公開らしいよ! たまこのラブストーリーらしいよ! この私もラブがしたい! ラノベ作家でも恋がしたい!(迫真) 出会い全然ないよ!! というか本当はあるけど会うのは一年に一回か二回くらいだよ!!

と、いうわけで。今回は近況報告といいますか、自分と周囲の時事的な出来事を書き綴ってみた一之瀬でした。

拍手[0回]

『男子高校生のハレルヤ!4』発売中です


こんにちは! 人生初のモンスターハンターを購入・じっくり武器の個性を味わいながら半日プレイした後になって「あ、やべまだブログ書いてなかった…」とようやく気がつきました一之瀬です!
先日、全国的にGA文庫様より『男子高校生のハレルヤ!』4巻が発売となりました! お買い上げくださった皆様、またまた本を出させてくださった皆様、ありがとうございます!

今回は軽く中身のご紹介です。
それではあらすじの引用から~

雨宮ソラ先輩、突然の帰国――!?
「私ね、真理の体液が欲しいの! 」
一緒にお風呂&お泊りコースは当たり前!?
過激なアプローチを連発する先輩に、僕の理性は爆発寸前!

一方、女学院では正体不明の変質者変態男子の噂でもちきりだし、
ようやく実現しそうだった男女共学化にも暗雲が垂れこみはじめて……。
『先輩の帰国』と『学院の変質者』
それらが一つに繋がる時、共学化を中止に追いこむ陰謀が顔を出す。
それでも――
「諦めません。男女共学化は、わたし一人でも実現させてみせます」
桜の涙が、封印されし決闘『超・文化的バトルマッチ』を解き放つ!!
白きツメエリをめぐる男子のバカ騒ぎ、決着なるか!? な第4弾!!

うむぅ…! 表紙の女の子はイラスト公開は初となります雨宮ソラ先輩です。
セーラー服なのに胸チラが見えるという私の無茶設定だったのですが、
今回もありえこ先生が見事可愛く描いてくださいました!
内容的には、ユリウス女学院の男女共学化を目前にした真理たち男子高校生のもとに過去最大の困難が降りかかる…! という感じになっております。見どころは回想シーン以外で初登場となる雨宮先輩と真理たちの絡み、そして女装する男子高校生たちの漢気です!
あらすじからもなんとなくわかる通り今回もハチャメチャ気味の展開になっておりますが、これまでの男ハレを楽しんでいただけた方へ、モンハン4やクッキークリッカーの合間に楽しんでいただけたら嬉しいです。
それでは『男子高校生のハレルヤ!4』をよろしくお願いします!

拍手[2回]

男子高校生のハレルヤ!4巻のお知らせ



今回は見本誌をいただく前に新刊のチラ見せご紹介です。
9月のGA文庫新刊に『男子高校生のハレルヤ!4』がございます!
4巻の表紙は謎の女の子! 新キャラ? いやいや違います。
1巻の回想シーンにちょとだけ登場しておるあの重要キャラです!
あらすじからバレバレですが詳しいことはまた後日~ということで、
以下から拍手コメントで頂いていたご質問へのお返事をさせてください。

でも実は、何か月も前に頂いていたコメントだったり……。
本当にすみません。そもそも気がついたのが数か月経った後で、そのまま関係ない記事やらなにやらでお返事のタイミングを失って今の今までお返事をしていなかったという体たらくでした。では引用をば。

>2巻発売おめでとうございます! 表紙の桜にやられちゃいました! ところで以前、ツイッターのアイコンを褒めた者ですが、またアイコン変わっていてびっくりしました! 気合いが入っているようですが、今度はぺインターで何十分かかったんですか?(笑) 教えて下さると嬉しいです。

2巻発売というワードから私がいかに申し訳ないことをしてしまったのかが確定的に明らかですが、ここでおっしゃられているツイッターアイコンとはadbb96c6.png



のことでした。



これは2巻発売直後に期間限定で変更していたアイコンで、実は桜だけでなく真理と祐紀のバージョンもあったりします。残念ながら、PCの買い替え時にその二人の顔アイコンデータは消失してしまいましたが……。
これらはもともとはツイッターアイコン用に描いたわけではなく、2巻の店舗購入特典に載せるコメントと一緒に描かせて頂いたものです。
残念ながら三人そろってあまりのクオリティーのアレさにお蔵入りになってしまいましたが、(よく考えたらありえこ先生の特典イラストの邪魔にしかなりませんよね汗)自分としては会心の出来だったのでツイッターアイコンとして使わせて頂いていたっていうわけですね。ちなみにA4コピー用紙への手書きだったので、マウスで描くよりは楽でした。3人ぶんで製作時間はだいたい一時間くらいです。

ああ……。ようやくお返事することができました。わりと本気で感激です。
反省し、今後は気をつけたいと思います。皆様も筆不精・ブログ拍手コメントの確認忘れにはじゅうぶんにお気をつけください。
ではでは、男子高校生のハレルヤ!第4巻をどうぞよろしくお願いします。

拍手[2回]

ハレルヤ3!見本誌!筆ペン!!

四月某日。一之瀬六樹は悩んでいた。
原稿が進まないからではない。アイデアが出ないわけでもない。
特典イラストカードに書くコメントとサインを、どうのようにすればよいのか――。
どのように書けば、読者の方に感謝の気持ちが伝わるか。悩んでいたのである。

もちろん、イラストカードはすべての書店様で手に入るわけではないが、
画像をブログで紹介することで、どんなものか見て頂くことはできるだろう。
そこに自分の文字で、感謝の気持ちを書き綴ればいい。
店舗特典を集めるのはどなたもありえこ先生のイラスト目当てだとわかってはいるが、著者はそれに便乗してこっそりとコメントできるのだ。
しかし毎回、書かれる文字は決まっている。
――「お買い上げありがとうございます!」だ。

実は一之瀬は、この短い文面が気に入っていた。
「お読みいただきありがとうございます!」でないところが若干いやらしい気もしなくはないが、これは店舗購入特典イラストカードなので、ある程度は仕方がないかもしれない。
そもそもこれを受け取った読者さんは、その時点ではまだ本文を読んでいない。

「応援してくださり、ありがとうございます」これはちょっと変だ。
もしかしたら購入者の方は、一之瀬を応援する気がさほどないかもしれないのだ。
それなのに「応援してくださりありがとうございます!」なんて嬉々として言ってしまうと、なんとなく買ってしまった方は「え……? あ、……う、うん……」という反応になり、気まずい雰囲気になってしまうだろう。
よって、――「お買い上げありがとうございます!」
やはりどうやっても、これ以上ふさわしい言葉はないのである。

しかし。しかしだ。一之瀬はこの台詞を書くのが3回目なのである。
3回目だ、3回目。しかも何度同じ文章を書いても、一向に字が上手くはならない。
つまり、同じ文面、似たようなミミズ文章を、読者の方は3度もつかまされることになるのである。たまったものではない。
今回もやる気のなさそうな汚い文章で同じコメントを残そうものなら、「本当にありがたいと思ってんのかテメェ!?」と野次られても文句は言えないのである。
しかし、文字は一日で上手くはならない。
文面も、「お買い上げありがとうございます!」以上のものは思いつかない。
ではどうするか。
その答が出ず、一之瀬はまた机の上で、深いため息をついた。


「いちのせくん、いちのせくん」
その時である。
どっしりとしたカイゼルひげをたくわえた、英国紳士の声が聞こえた気がした。
「いちのせくん、よかったら、この私を使ってみなさい」

――どこだ? 一之瀬は辺りを見回した。
すると机の上で開いていた文具ケースの中から、黒く長い筆記具が見える。

まさか――さっき話しかけてきたのは、おまえなのか……!?

演出上カッコイイので心の声が疑問形ではあるが、見た瞬間、一之瀬は確信した。
普段、なんとなく恰好をつけて文具ケースの中にいれていた、クセの強い筆記具。
一之瀬はおもむろにそれを手に取り、精神を集中させた。






2013051522100000.jpg




















おわかりいただけただろうか。

クセのある筆記具――それは、「筆ペン」である。

一之瀬は小学校時代を思い出しながら、筆ペンをすらすらと走らせた。
するとどうだろう。字の汚さは変わらないが、なんとなくわざと崩して書いているかのように見えるではないか。
それに、筆圧が強い。この強さは、一之瀬の筆を握る強さ。
すなわち、想いの強さである。これぞまさしく筆ペンマジック。いや、筆ペンはマジックではないから筆ペン筆ペンか?まあどうでもいい。

――これならば!感謝の気持ちも伝わるだろう!
――筆ペン、最強!!
一之瀬は完成した著者コメントを満足そうに眺めて、役目を終えた筆ペンを、再度文具ケースの中へと納めた。


後日。完成した『男子高校生のハレルヤ!3』と、その店舗特典が届く。
いつものことながら、ありがたいことである。
一之瀬はそれらを並べて写真を撮り、ブログの記事をおおむね書き終えた。
そして最後に、こう思う。
「筆ペンなのに、なんでイメージがカイゼルひげの英国紳士なんだろう……」と。

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne