忍者ブログ
もの書き 一之瀬六樹のブログです。
プロフィール
管理者:一之瀬六樹
著書
◆GA文庫
男子高校生のハレルヤ!
男子高校生のハレルヤ!2
男子高校生のハレルヤ!3
男子高校生のハレルヤ!4
◆KAエスマ文庫
お屋敷とコッペリア
たまこまーけっと
ブログ内検索
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハレルヤ3!見本誌!筆ペン!!

四月某日。一之瀬六樹は悩んでいた。
原稿が進まないからではない。アイデアが出ないわけでもない。
特典イラストカードに書くコメントとサインを、どうのようにすればよいのか――。
どのように書けば、読者の方に感謝の気持ちが伝わるか。悩んでいたのである。

もちろん、イラストカードはすべての書店様で手に入るわけではないが、
画像をブログで紹介することで、どんなものか見て頂くことはできるだろう。
そこに自分の文字で、感謝の気持ちを書き綴ればいい。
店舗特典を集めるのはどなたもありえこ先生のイラスト目当てだとわかってはいるが、著者はそれに便乗してこっそりとコメントできるのだ。
しかし毎回、書かれる文字は決まっている。
――「お買い上げありがとうございます!」だ。

実は一之瀬は、この短い文面が気に入っていた。
「お読みいただきありがとうございます!」でないところが若干いやらしい気もしなくはないが、これは店舗購入特典イラストカードなので、ある程度は仕方がないかもしれない。
そもそもこれを受け取った読者さんは、その時点ではまだ本文を読んでいない。

「応援してくださり、ありがとうございます」これはちょっと変だ。
もしかしたら購入者の方は、一之瀬を応援する気がさほどないかもしれないのだ。
それなのに「応援してくださりありがとうございます!」なんて嬉々として言ってしまうと、なんとなく買ってしまった方は「え……? あ、……う、うん……」という反応になり、気まずい雰囲気になってしまうだろう。
よって、――「お買い上げありがとうございます!」
やはりどうやっても、これ以上ふさわしい言葉はないのである。

しかし。しかしだ。一之瀬はこの台詞を書くのが3回目なのである。
3回目だ、3回目。しかも何度同じ文章を書いても、一向に字が上手くはならない。
つまり、同じ文面、似たようなミミズ文章を、読者の方は3度もつかまされることになるのである。たまったものではない。
今回もやる気のなさそうな汚い文章で同じコメントを残そうものなら、「本当にありがたいと思ってんのかテメェ!?」と野次られても文句は言えないのである。
しかし、文字は一日で上手くはならない。
文面も、「お買い上げありがとうございます!」以上のものは思いつかない。
ではどうするか。
その答が出ず、一之瀬はまた机の上で、深いため息をついた。


「いちのせくん、いちのせくん」
その時である。
どっしりとしたカイゼルひげをたくわえた、英国紳士の声が聞こえた気がした。
「いちのせくん、よかったら、この私を使ってみなさい」

――どこだ? 一之瀬は辺りを見回した。
すると机の上で開いていた文具ケースの中から、黒く長い筆記具が見える。

まさか――さっき話しかけてきたのは、おまえなのか……!?

演出上カッコイイので心の声が疑問形ではあるが、見た瞬間、一之瀬は確信した。
普段、なんとなく恰好をつけて文具ケースの中にいれていた、クセの強い筆記具。
一之瀬はおもむろにそれを手に取り、精神を集中させた。






2013051522100000.jpg




















おわかりいただけただろうか。

クセのある筆記具――それは、「筆ペン」である。

一之瀬は小学校時代を思い出しながら、筆ペンをすらすらと走らせた。
するとどうだろう。字の汚さは変わらないが、なんとなくわざと崩して書いているかのように見えるではないか。
それに、筆圧が強い。この強さは、一之瀬の筆を握る強さ。
すなわち、想いの強さである。これぞまさしく筆ペンマジック。いや、筆ペンはマジックではないから筆ペン筆ペンか?まあどうでもいい。

――これならば!感謝の気持ちも伝わるだろう!
――筆ペン、最強!!
一之瀬は完成した著者コメントを満足そうに眺めて、役目を終えた筆ペンを、再度文具ケースの中へと納めた。


後日。完成した『男子高校生のハレルヤ!3』と、その店舗特典が届く。
いつものことながら、ありがたいことである。
一之瀬はそれらを並べて写真を撮り、ブログの記事をおおむね書き終えた。
そして最後に、こう思う。
「筆ペンなのに、なんでイメージがカイゼルひげの英国紳士なんだろう……」と。

拍手[2回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne