忍者ブログ
もの書き 一之瀬六樹のブログです。
プロフィール
管理者:一之瀬六樹
著書
◆GA文庫
男子高校生のハレルヤ!
男子高校生のハレルヤ!2
男子高校生のハレルヤ!3
男子高校生のハレルヤ!4
◆KAエスマ文庫
お屋敷とコッペリア
たまこまーけっと
ブログ内検索
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぷるんぷるんの甘美なアレ

6月の日記ですが、いきなり先月の話をしてしまいます。
実は先月5月には、GA文庫大賞の授賞式がありました。
その関係で『居候』の七条先生が来場者抽選でPSVitaをクールに引き当てたり
『木崎くん』の長物先生に今後のためになるロボ講座を開いていただいたり
『ダンまち』の大森先生にカッコイイケーキの注文の仕方を見せて頂いたりと
記事にしたら面白そうなことが一杯あったのですが、急に筆ペンがしゃべり始めたので肝心の日記はあんな感じに……。
仕方ないね!

というわけで今月の出来事です。
今月は今月で来月発売のGA文庫新作三本が気になっているとかいろいろあるのですが、やっぱり食に関することは欠かせない!
なんとなんと、またもや『聖剣使いの禁呪詠唱』『あるいは現在進行形の黒歴史』で有名なあわむら赤光先生に、美味しいお食事ドコロに連れて行ってもらいました!

※以下、口調はイメージです。
あわ「こっち来てくれたらごちそうするでござる」
一之「誠でござるか。本気で行くでござるよ?」
あわ「本気でおごるでござる。どうよ」
一之「行く!(ヨダレ即答)」
あわ「おk」
一之「おk」

こんな感じであっさりで決まりました(・ω<)
あわむら先生の知ってるお店は本当においしいお店ばっかりなのです。
神なるウナギとスッポン料理の前回が記憶に新しいですが、
今回はあわむら先生の地元にあるイタリアンなお店で、前菜、パスタ、肉!デザートというありがたやなメニュー。
前菜も美しい&美味しいでしたが「そうだ、写真、撮ろう」と気づいたのはかなり遅くて、パスタにがっつり手を付けた後になっていました。

一之「ど、どないしょ…!」
あわ「写真撮り忘れたん?」
一之「こうなったら明月先生のブログみたいに、空になったお皿の写真撮るしか」
あわ「まだ間に合うさ!」


b96c8710.jpeg

















間に合った…………!? かどうかはわからないけど、せめてスプーンとフォークどけてから写真撮ればいいのにとお家に帰ってから画像を編集しながら思ったり。
そんなこんなでこの「作家ですら表現できない味!」と言い合ったパスタをぺろりと平らげ、今度はメインディッシュの肉です。肉!

937ca9ff.jpeg


















うん。お肉が目の前に置かれるじゃん?
そしたら本能の赴くままに食べちゃうじゃん?
写真撮るの忘れちゃうじゃん?・・・・・orz

いやでも、バルサミコ酢とマスタードがマッチしてて、とってもおいしかったのです!
ところでこうやって薄切りにしたお肉料理のことをイタリア料理では「タリアータ」(!)というそうですね。前菜の時もあわむら先生は「ボッタルガ」なる調味料について教えてくださったりと、すごく博識!

それでは、最後のデザートへ――!
3度目の正直、ちゃんと食べる前に写真を撮りましたとも!

a0963844.jpeg



















あわ「実はこのパンナコッタ、ちょっとテーブルを揺らすと……」
一之「揺らすと……?」

ガタガタ。


――ぷるんぷるん!

あわ「こうなるでござるよ」
一之「これはまさしく、おっぱい!
あわ「ここはお店の中でござる」


一之「おっぱい!
あわ「お店の中でござる!!」

一之「今度からおっぱいの描写は、
『テーブルを揺らした瞬間のパンナコッタのようにぷるんぷるんなおっぱい』って表現しようと思います!」
あわ「だから声がでかいでござる!!」



 ――あわむら先生、ごちそうさまでした!

 

拍手[1回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne