忍者ブログ
もの書き 一之瀬六樹のブログです。
プロフィール
管理者:一之瀬六樹
著書
◆GA文庫
男子高校生のハレルヤ!
男子高校生のハレルヤ!2
男子高校生のハレルヤ!3
男子高校生のハレルヤ!4
◆KAエスマ文庫
お屋敷とコッペリア
たまこまーけっと
ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よいお年を。

師匠も走る候、皆様いかがお過ごしでしょうか。一之瀬です。
来たる2013年を迎えるべく、2012年の総括をやってみたいと思います。

2011年12月にKAエスマ文庫様より『お屋敷とコッペリア』を発売後、2011年末に第4回GA文庫大賞に現在の『男子高校生のハレルヤ!』の原型となる作品を応募していた私は、「落ちてもまた書いて応募すればいいや~!」・・・なーんて前向きに考える余裕は1平方㍉㍍の隙間もなく、真剣に悩んだ結果「落ちたら潔く筆を折ろう」と結構限界ギリギリの精神状態で2012年の元旦を迎えていました。
文字にしてみるとどこかカッコ良く聞こえなくもないですが、現実の私は広島県で最も有名な初詣先である宮島の厳島神社……の混雑とフェリー移動を嫌う地元民に大人気の護国神社でおみくじを引き、末吉だったのでお参りをし直してもう一度おみくじを引いて無理やり大吉を出したくらい必死でしたので、まだまだ小説を書いていたかったのだと思います。
GA文庫編集者の皆様は選考作の一部についてツイッターでつぶやいておられるのですが、そうやって公開された誰の書いたものともわからない作品に対するつぶやきに、いちいち「私か!?」「私のか!??」とキョロキョロしながら何度も自作との相違点を読み直していたということも付け加えておけば、当時の心境の完全再現です。

そうして雪が解け、春を迎えたある日。
いいお天気でしたので、私が気を張るのに疲れてお昼寝をしていたら、GA文庫様よりお電話が。現在の担当様から『男子高校生のハレルヤ!』受賞のご連絡をしていただきました。
最初は、ほっと吐き出した息と一緒に胃が抜けるくらい安心して、噛み噛みで電話連絡とお礼とご挨拶を終えたあと、じわじわっと嬉しさが込み上げてきて、自宅の中を意味もなくウロウロと歩き回っていました。

それから、たくさんの関係者様に大変お世話になって、光線銃のように時間が過ぎました。

2012年10月に『男子高校生のハレルヤ!』の1巻が発売。
読者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
ご満足いただけたなら最高に嬉しいので、もっと良い作品を書きたいです。もしそうでないなら悔しいし申し訳ないので、もっと良い作品を書けるようになります。

・・・と、2012年を振り返っているうちに2013年の抱負が決まってしまいました。
皆様に「面白い!」と言っていただける小説を送り届けることができるよう、これからも頑張っていきたいと思います。


そしてなんと、そうして迎えた2013年の1月には
『男子高校生のハレルヤ!2』(2巻)の発売です! 既に各所であらすじ&表紙も公開されております! どうぞよろしくお願いします!! (結局宣伝かよ!
それでは皆様、よいお年を!

拍手[2回]

PR

メリークリスマス!

 ぱんぱかぱーん!

皆様いかがお過ごしでしょうか。一之瀬です。
クリスマスといえばサンタさんですが、一之瀬は幼児の頃にサンタさんが10人くらい秘密基地に集合している絵を描いて金賞を取った事が絵の分野での最高記録です。今じゃどんなに真面目に描いた絵でも70%越えでギャグになります。
ところで、あの絵は当時大好きだった絵本に出てくるワンシーンだったんですが、今じゃどんなタイトルだったかすら思い出せません。吹雪の吹き荒れる北方の工場に閉じ込められた大勢のサンタさん達が、クリスマスに合わせて昼も夜もなくプレゼントを製造しているというブラック企業も真っ青な風刺絵本だったはずですが、どなたかタイトルを知っていたら教えてください。もう一度読んでみたいです。

大人になったら「サンタさんになりたい!」と夢抱いていた幼少期。考えてみれば、それって「パパになりたい!」と言っているようなものなのでしょうか? それとも「ダイソーや東急ハンズで売っているミニスカサンタさんコスを着たい!」という意味になるのでしょうか。もしかしたら「工場の従業員になって昼も夜もなく働きたい!」という意味になるのかもしれません。
幼児期の甘い夢は罠で満ち溢れていますね。怖いですね。


私の2012年は終わらないぜ!

拍手[0回]

日記&『男子高校生のハレルヤ!』かべがみー

――今日の出来事――
山に行って犬の散歩をして、ちょっとだけ遭難して無事帰宅しました。終

前回のブログ更新から気がついたら一か月。
実は人知れず「ひと月に1回更新!」を目標にしているのですが、積極的に動こうとしなければおっそろしいほど仕事と犬の散歩以外のことをやらないので、この一か月間ブログでは何もお伝えできず・・・といった有り様です。
逆に言ったら、それだけお仕事に集中していたので、本が発売される年明けからはポンポンと情報をお伝えできると思います。その時はどうぞよろしくお願いします!

このお仕事を始めてから、本屋さんめぐりが趣味になりました。
本に囲まれているだけで落ち着くので前から本屋さんへはよく行っていたのですが、最近はなんていうかこう、いろんなものを仕事目線で見るようになっています。
売り場がどうやって作られているだとか、ここの本屋さんは○○文庫が強いなぁだとか。もちろん他の作品にもこれまで以上に興味を持って接するようになり、「仕事だから!」という大義名分を得たおかげで、財布の紐もゆるくなったような気がします。これぞ役得です。(いやよく考えると得はしてないような……まあいいや!)

あとは……ちょっと愚痴っぽいですが、悩むことも増えたかもです。
スッパリひとことで言うと、「もっと精進しなければ!」的な悩みです。
周囲の方々に支えられつつ、一人でやらなきゃダメなことは一人でやりつつ、なんとか一歩一歩進んだり三歩下がったりしてる感じです。
これからも本を自信を持って皆様にお届けできるよう、がんばります。


※ちょっとだけ宣伝
GA文庫様公式ページに、壁紙のダウンロードサービスがあるのですが、いつの間にか「男子高校生のハレルヤ!」が仲間入りです。文庫1巻の表紙を飾る、ありえこさんによる真理&3人組を貴方のPC背景にプットオン!

「男子高校生のハレルヤ!」壁紙ダウンロード
http://ga.sbcr.jp/wallpaper/hallelujah/index.html
GA文庫 オリジナル壁紙ダウンロードサービス
http://ga.sbcr.jp/wallpaper/index.html

拍手[0回]

ある1日の日記


朝、目が覚めた。メールが来ていたので、確認。
スケジュールに余裕はあっても、後伸ばしにしてたらすぐ追いつかれそうなので、
その仕事が円滑に進むよう、できそうなとこだけちょっと進めておく。
お昼になったので、食事がてらファミレスでやることに。
いつものガストとは違うガストに行くことにした。居心地が素晴らしい。
ただし、注文するメニューに変化はなし。
一人でうすら笑いを浮かべながら、作業に集中。
その後、数時間の記憶がない。夜になったので、帰宅する。
記憶に残らない晩御飯を食べて、お風呂に入り、続きをする。
ある程度できあがったので、メールにてご報告。
もう理想就寝時間を過ぎていたので、即寝。。。


先月発売の『男子高校生のハレルヤ!』をお買い上げいただいた皆様、また、ご関心をお寄せいただき当ブログへお越しくださいました皆様、誠にありがとうございます。・・・ああもう、かたっくるしい! これまでの拍手コメントやアンケート見てます。ありがとう!

毎日楽しく暮らしておりますが、このように代わり映えしなさすぎて日記を更新できない一之瀬です。・・・いつも面白ブログを書いておられる方って、本当にすごいと思います!

ところで、ずっとお返事をしなきゃなと思っていた案件を思い出しました。
拍手コメントで頂いたメッセージです。

「ツイッターのアイコンは一之瀬先生の手書きですか?」

・・・!? ああ・・・・・!!
1e2e44e9.jpgコレですね。
この画像は、ツイッターを始める際に自動的にゆで卵みたいな画像(デフォ設定)
8fc5d234.png
になってしまったので


「はぁ!? 私の顔はゆで卵じゃねーし!」と憤って熱心にノーパソのタッチパッドとペイントソフトと魂を動かし、30分かけて構想し真面目に描いた自画像です。



ゆで卵のほうが数倍マシだったとか言わないで!

・・・とか、思っていたんですが


「とても可愛らしいですね!Σd(ゝω・o)」

ええええええええぇぇぇ!?

拍手[1回]

神なるウナギとスッポン料理

こんにちは。一之瀬六樹です。

それは一昨日の夕方。
――住んでいる田舎町を離れ、粛々と都市部を訪れた私。期待に胸をふくらませながら、昼食を抜いた空腹に腹をへこませて、待ち合わせ場所へやってきた。
そう。すべてはある目的のため・・・・・・。
あわむら赤光先生に、ウナギとスッポンのコースを御馳走していだだくために!


というわけで。。。
あわむら先生と2人でウナギ&スッポン料理を堪能してきました!

GA文庫様にて人気シリーズ『あるいは現在進行形の黒歴史』を抱えながら、来たる11月には新シリーズ『聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>』を開始されるご予定の、あわむら赤光先生。
実は同じ広島県民ということで、あわむら先生とは5月に行われた授賞式よりもずっと早くに、お顔合わせを完了させていたのです。それ以降、現在までずっと親しくさせていただいてます。正しくは一方的に面倒を見ていただいています。

同じ広島県とはいえ、住んでいる場所が地味に遠い私達。
普段はそう気軽にはお会いできないのですが、ある日あわむら先生が
「いよいよ『ハレルヤ』発売だね!お祝いに御馳走しますよ!」(意訳)
そんな天使のようなご提案をしてくださったので、食いしん坊の私は二つ返事させていただきました。

b6ec9658.jpeg 












写真はそのコースの一部。神なるウナギです。
いくら立派でもウナギはウナギだと思っていた私。

パクッ! ……こ、これはっ――――!? ち、違う……!
私が今まで味わってきたウナギはウナギじゃねぇ!
い、いや。おそらくこっちが規格外なのだ。
これは……神なるウナギだ!!


という茶番劇を頭の中で繰り広げていました。
本当においしかったです。口に入れた瞬間に笑っちゃうくらい。
皮がパリッとしてて、身は脂が乗ってて、なのに全くしつこく感じなくて・・・。
こんなウナギが調理法を変えながら、次々と運ばれてくる。

スッポンの方も、お刺身から鍋、ぞうすいまで至れり尽くせり。
生まれて初めて食べたスッポン。ごめんスッポン。君は美味い。
だからすまないが、我が血肉となってくれ・・・。
(という茶番)
こっちも鍋だけ写真、撮りました。

P1010163.JPG











見た目は地味。でもデリシャス。

ちゃっかりサインもゲット!

P1020165.JPG












ごちそうさまです!
あわむら先生、ありがとうございました!




あわむら赤光先生の新作
『聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>』紹介ページ
リンクはGA文庫ブログのページに飛びます。続報待機!
 

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne